野生の竹を伐採しました

スポンサーリンク

近年、竹の領土拡大欲求がすごいです。

ここ3年くらい、この時期になるとこんな感じです。でもこれ、じつは昨年よりも本数が少ないです。巷に流出している筍のように太ければ、喜ばしいのかもしれませんが、あれよりもか細い、ただの竹の子なので、伐採する喜びがありません。

一応、筍と同じように食べられるそうなのですが、そこまでモチベーションが上がらないというか、いざ作るとなったら、”あく抜き”とか必要になるので面倒だし・・・。

なので、草刈機(一般的には、刈払い機?)で、周りの雑草ごと刈ってしまいます。
そうするとこんな感じになります。

スポンサーリンク
だいぶさっぱりしますよね。
大きな竹になる前なら、草刈機でも簡単に伐採できますのでたすかります。じゃないと、チェンソーとか必要になっちゃいますからね。(チェンソーは持ってないので。)
竹って放置しておくと、どんどん領土を拡大していくので大変らしいですよ。
近所の諸先輩方(平均60オーバー)曰く、「昔はこの変に竹やぶなんてなかった」っていってましたから。
まぁ、雑草地帯を放置しているのが悪いんですけどね・・・。冬になったら整地して来年は花でも植えてみようかな?
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA